ウィクロスのルールを覚えよう!(実戦パート)

スポンサーリンク
ウィクロス ルール

皆さん引き続きこんにちは!こいしだよ!

管理人のサードアイことHRKです!本日もよろしくお願いします!

本日は前回の続きで、いよいよウィクロスを実際にバトルをしながらルールを伝えて行きます!

もしウィクロス未経験でカードの種類もデッキの構築の仕方がわからないと言う方は是非こちらのルール編「カード種類パート」と「デッキ構築パート」も閲覧してみてください!

それでは始めて行きましょうか!

・・・もうカードスリーブとラバーマットには何も言うまい

まずはバトルの前に手札とライフクロスを整えて行きます!流れとしては・・・

1:ルリグデッキからレベル0のルリグを裏向きでルリグゾーンに置く

2:シャッフルをしてメインデッキの上から5枚手札を取る

3:ジャンケンをして先行後攻を決める(基本勝ちが先行

4:手札をみて変更したいカードをメインデッキに戻し、シャッフルして戻した枚数だけ上からカードを引く

5:メインデッキ上からカードを裏側で7枚を順番にライフクロスに置く

以上の内容を実施して準備完了です!

最初に大会に出たときはこの行程を知らなかったため、対戦相手の方に教えてもらったのは懐かしいな

あの時優しく教えていただいてありがとうございました!

因みにカードの置き方はプレイヤーによるけど、私は公式のフォーマットに慣れちゃったから、テンプレな置き方をしています

もし置き方に不安がある場合は、慣れるまでは上の写真の様なフィールドが公式サイトからダウンロードできたり、構築済みデッキを購入した際に付属されていたりするためそちらを使おう!

では私の先行で・・・オープンの掛け声と共にルリグを表側にしてバトルスタート!『オープン!!

対戦相手にマナーとして「よろしくお願いします」も言えればベストです!

ウィクロスでは先行からドローができます!先行の初ターンは1枚、それ以降のターンは2枚メインデッキからドロー(カードを引く)します!

2枚ドローだと!?大抵のカードゲームはドローは1枚だが、大丈夫なのか?

大丈夫です・・・それだけ毎ターンの手札消費が激しいので(笑)

お、おう・・・(汗)

ドローの後は各ターン1回だけ、このタイミングで手札かシグニゾーンのシグニを1枚エナゾーンにレベルアップや効果を使うために必要なエナを貯めることができます!

エナチャージはスキップすることもできますがエナはカードの効果でも貯めることができますが、基本それらを使うにもエナを利用するのとエナが無いとアーツ等が使いたい時に使えず負けに直結するため余裕がある時や手札を減らしたくない場合以外ではできる限りは貯めた方がいいです

そして、エナに置くカードはルリグのレベルが上がらないとしばらく使えないレベル3・4辺りのシグニがおすすめです

そしてエナチャージの次は各ターンこのタイミングで1回だけルリグのレベルアップ、通称グロウを行うことができるグロウフェイズに入ります!

因みにルリグやシグニに書いてある『出』と書いてある効果は出た時効果と言いますが、効果の発動は強制発動のものとコストを払わないと発動できないものがあります

基本「〇〇するは強制で必ず発動できる場合は発動しなければいけず、「〇〇する:〇〇できるはコストを払うことでの発動なため発動したくない時は発動しなくてもいいです!

日本語は難しくその他にも「〇〇してもいい、そうした場合」みたいなコスト系の効果もあれば、2枚までと記載があった場合はウィクロスでは0枚も選ぶことができます

今回のレベル1ユヅキはコスト制だから使わなくてもいいんだけど1枚トラッシュ(墓地)に置いて1枚引きます!

グロウフェイズの次はメインフェイズ!そして手札からシグニをシグニゾーンの各枠に3体まで出せますがここで注意したいのが、シグ二は効果以外では1度置いた枠からズラすことはできないです!そして正面のシグニゾーンにしかアタックできません!

例外として、メインフェイズに1回だけリムーブと呼ばれるシグニを1度に3体までトラッシュに送る動作を行え、場面に別のシグニを置きたい時に有効です

メインフェイズではシグニの召喚スペルの使用メインフェイズで使えるアーツをコストと手札、効果が続く限り行えるためこのフェイズで相手へダメージを与える準備を行います

では準備ができたのでアタック・・・と言いたいところですが先行初ターンはここでターン終了で次のターンからは攻撃できます

あと、シグニの出し方はルリグと同レベルまで、そして下のリミットは3体のシグニの合計した数値まで出せると言う意味です

なので例として4レベルリミット11のルリグでは最大4レベルを2体3レベルを1体まで同じ場に出せます

そして後攻!2枚ドローまでは先行と一緒です!メインフェイズが終わったらいよいよアタックフェイズです!

アタックフェイズでは相手のシグニやライフクロスにダメージを与えたりアーツを利用したりして防衛するフェイズです

効果処理の優先はターンプレイヤーです!ターンプレイヤーがアタックフェイズで使える効果やアーツを使い切ったら戦闘準備が整います!

そしてターンプレイヤーの行動が終わったら今度は相手の攻撃を耐えるために防御側のプレイヤーがコストやエナを払い、アーツやアタックフェイズのみで使える効果を使い防衛します

後半になればなる程シグニの効果が強まっていくので、できる限り防御アーツは前半は温存した方がいいです!

相手のモチアイスがケロモドキを攻撃!アタック側のパワーが同じかそれ以上なら倒せます!倒されたシグニはエナゾーンに送られ、これをバニッシュと言います!

ガラ空きのシグニゾーンをアタックした場合は相手のライフクロスを1枚減らすことができます!

減らされたライフクロスは自分のチェックゾーンに行き、表にします!そして、それがLB持ちのシグニならそのLB効果を使うことができます!

今はメガネワニが出たためLBが発動してカード1枚を引くことができます!

最後はルリグの攻撃!ルリグの攻撃は直接相手にダメージを与えるためシグニでは止めることができません!

ルリグを止める数少ない手段として、手札にサーバントがあれば、手札からトラッシュに捨てることで1度攻撃を防ぐことができます!

デッキ構築パートでも伝えましたが、このルリグの攻撃をいかにうまく耐えるかが重要なためサーバントはデッキには入れておいた方がいいです!

これで後攻は終了!後はグロウとアタックの攻防を繰り返して・・・

レベル2からはグロウにもエナを消費するためエナ管理はしっかりしなければいけません

最終的にライフクロスが0枚の相手にシグニかルリグでダメージを与えれば勝ちです!

一見難しく思えますが実際にプレイしてみると、相手のライフクロスを削り、ヤバいと思った攻撃はアーツで防御して攻撃を直行させる意外とシンプルなルールです

でもルリグによって全然攻撃手段が違うし、どのタイミングでアーツを使うかなどかなり考えるため凄く奥が深いゲームです!

もし興味はあるけど、周りに一緒にウィクロスをしてくれそうな人がいないと言う時は様々なカードショップで週1〜2回開催している『ウィクロスパーティー』と呼ばれるショップ大会があります!

デッキ・カードリストの作成も必要なく、気軽に参加でき、参加すると月替わりで限定カードも貰えるため是非参加してみてください!そこで他のプレイヤーからデッキ構築のアドバイスなど交流できるチャンスかもです!

ウィクロスパーティーの開催施設・日程は公式サイトにも載っています!下にサイトのリンクを貼って置きますので近くで開催していれば是非参加してみてください!

タカラトミー | WIXOSS ショップイベント一覧
アニメ連動、カードゲーム「WIXOSS」をそのまま再現したTCG!!しかもコレクションカードではなく、「ホビージャパン」開発協力による本格的TCGです!WIXOSS、タカラトミーの公式サイトです。

本日はここまで!是非ウィクロスユーザーが少しでも増えてくれることを祈ってこれからも頑張って行きます!それでは・・・

またね!!!

To be continued ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました