ARK【PS4】序盤最強の味方!ユタラプトルのテイム方法

スポンサーリンク
ARK:SarvivalEvolved

皆さんこんにちは!こいしだよ!

姉であり、サポート役のさとりです

管理人のサードアイことHRKです!本日もよろしくお願いします!

今回はARKで序盤最強と名高い恐竜『ユタラプトル』のテイム方法を紹介して行きます!

お!肉食恐竜じゃないか!だが序盤で急にそんな危険な恐竜をテイムすることができるのか?

えぇ、もちろん正面からそのまま戦えば囲まれて瞬殺だろうけど、しっかりと対策さえすれば意外とすんなりとテイムすることが可能よ

因みにARKを初めてまだ難易度の調整をしていないと言う方は以前作成した記事を是非参考にしてみてください!

ARK【PS4】難易度調整についての記事

ユタラプトルは中型の肉食恐竜で島ワールド全域に生息しています!主に1匹で行動する事は珍しく、2体以上の群れで活動しています!

移動速度は120以上あるためそれ以下ではすぐに追いつかれてしまい、それ以上の移動速度があったとしてもスタミナの値が全然違うため、結果囲まれて身ぐるみを剥がされてリスポーンとなったビギナーサバイバーの方は多いのではないでしょうか?

1匹1匹では小さな力も、複数で攻め込まれればそれは脅威となるな・・・

ステータス面はそこまで高くなく、重量の数値もそこまでであるため、体力と近接攻撃力を上げて、戦闘特化型に育てるのがおすすめです!ただ、ユタラプトルは1匹だけだと予想以上に撃たれ弱いため複数体の群れで行動する前提で、自分が騎乗する個体1匹は移動速度と重量を上げても良いかもですね!

ユタラプトルは複数体の群れで行動することで能力に対してバフを付与することができ、1番レベルが高いユタラプトルには群れのリーダーとしての能力バフが付与されるため、できれば3〜5体で探索すれば急に襲いかかってくる小中型肉食恐竜くらいなら簡単に返り討ちにできます

確かサドルを装着させれば野生恐竜からの攻撃を半減できるんだったな?

そうだよ!ユタラプトルのサドルは木材20・皮110・繊維65で作製できますが、エングラム習得レベルが18とかなり低いです!

ユタラプトルが初心者最強と言われる1番の要因がこの低レベルで簡単にサドルが造れて騎乗できることがポイントね!ただサドルを装備させなければ簡単に蹴散らされてしまうから、テイムした場合は全員にサドルを装備させましょう

成る程な!ではどの様にテイムするんだ?

では実際にテイムして行こう!島中央付近に向けて探してみたけどさっそく2匹で襲って来たね!まずユタラプトルはかなりすばしっこいので、まともに正面から麻酔矢を撃ってもなかなか当たらないため、こちらの『ボーラ』を使用します!

ボーラは相手に向けて当てれば、一定時間動きを止めることができる道具です・・・動きを止めてしまえばいかにユタラプトルがすばやくても、頭に矢やパチンコを当て放題にできます

おぉ!ユタラプトルが棒立ちだ!これなら簡単に当てられるな!ただユタラプトルは複数体で行動するため群れ全部の動きを止めるために予備も含めて6個前後のボーラを用意して置くことがおすすめです!

そんなに高くないレベルのユタラプトルなら麻酔矢を3・4本程で気絶するので、気絶したらすぐにインベントリで生肉等の餌を与えればテイム値が上昇して行きます!

気絶中の恐竜に対しても野生の恐竜は遅いかかって、そのままやられてしまうため、テイム値がマックスになるまでは油断はできません

特にサーベルタイガーは注意だな・・・何回やられたか(汗)

テイム値が最大になれば、晴れて仲間になります!テイムした恐竜には名前を付けてあげることができるので愛着が湧くね!

ユタラプトル・・・地霊殿のペットとして招き入れたいわね

頼むからライオンやコモドドラゴンで我慢してくれ(汗)

しゅん・・・(´・ω・`)

ユタラプトルのその他の能力として小型恐竜を拘束して、一方的に攻撃することができます!

また私達のユタラプトルの2体はオスとメスであるため、メイトブーストと呼ばれる、一緒に行動することで攻撃力と防御力を33%もアップすることが可能です

まとめると、ユタラプトルは1匹では正直弱いけど、複数体で群れることで多数のバフが付与され、序盤の低レベルでボーラさえあれば簡単に捕獲可能であるため、是非仲間にすることをおすすめします!

早くテイムしておけば、小型恐竜等に襲われても対応できるため、ARKを始めたばかりの方はまずはユタラプトルをテイムすることを目標にしましょう

過酷なサバイバル生活の中で味方が増えるだけでも安心感は凄まじいだろうな!

初めてテイムした時の嬉しさは今でも忘れられないね!それでは今回はここまで!是非皆さんもユタラプトルを仲間にしてみてください!それでは・・・

またね!!!

ごきげんよう!

To be continued ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました